• case
  • 調査サービスの収益軸開拓支援でアポイント取得率4.1%
  • 業種:事務代行

調査サービスの収益軸開拓支援でアポイント取得率4.1%

  • 課 題
    収益の8割を大手一社からの仕事に依存しているため新たな収益軸を確立したい
  • 施 策
    「大学」にターゲットを絞り、アンケート調査の実施代行を切り口として新規開拓を行った

調査サービスの収益軸開拓支援でアポイント取得率4.1%

大手一社への依存体質を脱するために支援サービスを導入

広報部:事務代行を行う株式会社A様について教えてください。

 

支援担当者:データ入力やアンケート調査の代行を行っている会社です。これまで大手教育・出版会社様の仕事が全体の8割を占めていましたが、新たな収益軸を作りたいとのことから、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

 

「学生生活アンケート」や「授業評価についてのアンケート」を切り口にアプローチ

広報部:支援期間中はどのような施策を行ったのでしょうか?

 

支援担当者:これまで教育関連の仕事を請け負ってきたことを強みに、得意分野である大学にターゲットを絞りました。アンケート調査の代行を切り口に、大学の「学生課」「学務課」「教務課」「学生生活課」など、アンケートを担当している部署にアプローチしました。

 

アポイント取得率4.1%、12件のアポイントから1件受注

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

 

支援担当者:現在290件ほどの電話から12件のアポイントを取得しており、うち1件受注できています。また、26件の資料請求をいただいており、具体的な見積もり提示に進んでいる大学も複数あります。受注につながりやすいターゲットの選定とアプローチの一連の流れを確立したことで、今後の収益アップが期待できる支援結果となりました。