• case
  • 営業社員不在でも教材販売のパターン構築で営業力強化
  • 業種:教材出版

営業社員不在でも教材販売のパターン構築で営業力強化

  • 課 題
    社内に営業社員がいない中でも売上を伸ばしていける仕組みを構築したい
  • 施 策
    資料送付と電話を軸にアプローチの一連の流れをつくり、訪問せずに受注できる体制を整えた

営業社員不在でも教材販売のパターン構築で営業力強化

営業社員不在でも受注を増やしていくために支援サービスを導入

広報部:教材事業を行う有限会社Y様について教えてください。

 

支援担当者:自社で作成した教育教材の出版や、アメリカのデジタル教材の販売を行っている4名の会社です。営業社員がおらず社長1人で営業活動を行っていましたが、今年度から営業を強化していきたいとのことで、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

 

資料送付と電話を組み合わせて教育機関にアプローチ

広報部:支援期間中はどのような施策を行ったのでしょうか?

 

支援担当者:まずは実際に商品を見ていただくことが大事なので、幼稚園や塾に向けて資料送付を行いました。資料が届いたタイミングで電話をかけ、商品にご興味があるかどうかの確認と、担当者から詳しい内容について再度お電話させていただく“コールバック”の打診を行うという流れで、営業パターンを確立していきました。

 

訪問を経ずに幼稚園と塾から早期受注

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

 

支援担当者:支援開始早々、幼稚園と塾から受注をいただきました。今後は資料送付を行って反応がないところにもフォローを行うなど、取りこぼしの無いよう受注につなげていきたいと思います。人手不足でも訪問せずに注文が入るパターンを構築することができ、Y様にご満足いただいております。