• case
  • 歯科医向けアプローチの流れを構築し安定した受注を確保
  • 業種:歯科用医療機器製造

歯科医向けアプローチの流れを構築し安定した受注を確保

  • 課 題
    ターゲットとなる業界が限られている中、新規受注件数を安定させたい
  • 施 策
    新規開業の歯科医院にスポットを当てて積極的に電話アプローチを行った

歯科医向けアプローチの流れを構築し安定した受注を確保

新規受注獲得に向けたパターン構築のために支援サービスを導入

広報部:歯科用医療機器の開発・製造を行う株式会社T様について教えてください。

 

支援担当者:歯の強制装置や入れ歯など、歯に関する技工物を扱っています。ターゲットが歯科医院のみという限られた条件の中で、安定的な新規受注を獲得していくために、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

 

新規開業情報を基にアプローチ先をリスト化

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:弊社にて新規開業歯科医をリサーチし、リスト化して電話アプローチを行いました。開業前後はまだ決まった取引先が無いことが多く入り込みやすいため、比較的好感触で多くのアポイントを取得することができました。

 

支援開始後11社からの新規受注を獲得

広報部:今回の施策でどのような成果が出たのでしょうか?

 

支援担当者:支援開始後、新たに11社から発注をいただきました。新規開業歯科医の情報は毎月更新されるのですが、そこから情報収集してリスト化・アプローチするという一連の流れをつくったことで、継続的に安定した受注を得られるようになりました。