• case
  • 内装リフォームのフォローメールでタイミングを逃さず受注
  • 業種:内装リフォーム

内装リフォームのフォローメールでタイミングを逃さず受注

  • 課 題
    内装リフォーム提案でアポイントを取得し訪問できていたが、今すぐの案件が少なく受注につながっていなかった
  • 施 策
    過去訪問先へのフォローメールを徹底することで受注タイミングを逃さないようにした

内装リフォームのフォローメールでタイミングを逃さず受注

訪問後受注につなげていくために支援サービスを導入

広報部:内装リフォームを手掛ける株式会社N様について教えてください。

 

支援担当者:設計事務所や工務店に向けて、パートナー営業を行っています。ある程度アポイントは取れていたのですが、今すぐの案件が無く見積り依頼が来ないことに悩まれており、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

 

直近で工事可能な作業内容をフォローメールに記載

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:訪問先へのフォローができていなかったので、過去の訪問先へ2週間おきにフォローメールを送ることにしました。単なる営業メールでは迷惑に思われてしまうかもしれないので、“直近2週間で工事可能な作業内容”を具体的に明記して、発注のイメージを持っていただきやすいように工夫をしました。

 

2か月で500万円の受注、大型案件も獲得

広報部:今回の施策でどのような成果が出たのですか?

 

支援担当者:すぐには反応がありませんでしたが、2回目以降の配信から徐々に見積もり依頼をいただけるようになりました。2回目の配信で2社、3回目の配信で1社から反応があり、結果2か月目で合計500万円ほどの工事案件獲得に至っています。今後も訪問後のフォローを徹底することで、取りこぼさずに受注につなげていきたいです。