• case
  • 基盤設計の切替えアプローチを行い2か月で受注獲得
  • 業種:基盤設計

基盤設計の切替えアプローチを行い2か月で受注獲得

  • 課 題
    ターゲットであるメーカーには既に決まった取引先があり、新規の顧客を得ることが難しい
  • 施 策
    費用面から、自社への切替えアプローチを行った

基盤設計の切替えアプローチを行い2か月で受注獲得

新規顧客を増やすために支援サービスを導入

広報部:クライアントのF株式会社様について教えてください。

 

支援担当者:電子機器などに使われる基盤の設計を行っている会社です。アプローチ先であるメーカーには決まった取引先があることが多いため、新規開拓が難しいという点から、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

 

切替えによる費用面のメリットをアピール

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:アプローチリストを作成し、費用面でのメリットを盛り込んだ内容のトークを用いて、自社への切替え提案を行いました。既存の取引先に費用面で不満を持っていた会社が多く、興味を持っていただき具体的な商談に発展するケースが増えました。

 

積極的な切り替え提案により支援2か月目で受注獲得

広報部:今回の施策どのような成果が出たのでしょうか?

 

支援担当者:切替え提案のみの勝負で厳しい展開も予想されたのですが、支援2か月で既に1社からの受注が決まっています。費用面のアピールがうまくできたことと、この業種で営業をする会社が少ないことから、積極的な営業姿勢が受け入れられたのではないかと思います。