• case
  • メーカーにターゲットを絞って見込み客増、約1,000万円の売上を獲得
  • 業種:シール印刷

メーカーにターゲットを絞って見込み客増、約1,000万円の売上を獲得

  • 課 題
    自社の商品が売れる業界を検証して効率的に売上を上げたい
  • 施 策
    ターゲットをメーカーに絞り込み、メリットを盛り込んだトークで集中的なアプローチを行った

メーカーにターゲットを絞って見込み客増、約1,000万円の売上を獲得

効率的な営業活動を確立するために支援サービスを導入

広報部:シール印刷会社の有限会社S様について教えてください。

 

支援担当者:これまで食品・化粧品メーカーの商品シールと、上場企業向けのセキュリティーシールをメイン商材として営業を行っていました。他にも広告代理店へのパートナー提案などを行っていましたが、上場企業と広告代理店については訪問アポイント後、ほとんど受注に結びついていないことがわかりました。今後の営業方針に悩まれていたことから、支援サービスを導入いただきました。

 

ターゲットをメーカーに絞り集中的にアプローチ

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:アプローチ先をメーカーに絞って、集中的なアプローチを開始しました。商品シールはメーカーには必要不可欠であることと、自社なら間に他の会社を挟まないのでコスト削減につながるという点を伝え営業を続けたところ、アポイント取得から見積書提示に発展する確率が格段にアップしました。

 

アプローチ先の約5割が見込み客に、早期受注も獲得

広報部:今回の施策でどのような成果が出たのでしょうか?

 

支援担当者:効率良く見込み客を開拓することができ、多くの受注につながりました。支援開始後まもなく26件のアポイントから1社受注、12件が見積り提示中になっています。現時点で約1,000万円の売上を得られていますが、今後も多数の受注見込みがあり、メーカーに絞ったアプローチで売上を伸ばしていく体制づくりができました。