• case
  • メーカーとの商談同席で課題点を見つけて改善、支援1年で1,560万円の売上
  • 業種:パッケージデザイン

メーカーとの商談同席で課題点を見つけて改善、支援1年で1,560万円の売上

  • 課 題
    訪問から受注につながらず、提案方法やトークの内容を改善したい
  • 施 策
    商談に同席して改善点をまとめ、以後の商談に活かした

メーカーとの商談同席で課題点を見つけて改善、支援1年で1,560万円の売上

訪問から効率良く受注につなげるために支援サービスを導入

広報部:パッケージデザインを行う株式会社R様について教えてください。

 

支援担当者:食品メーカーや化粧品メーカーにアプローチしていたのですが、訪問してもまったく受注に結びついていませんでした。営業をする上でどのような点に問題があるのかを見つけて改善を図るべく、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

 

商談に同席し、課題点に対するアドバイスや資料作成を行った

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:商談に同席することで提案方法やトークの課題点を見つけ、改善を図りました。例えば相手の要望を予測して先に話題を投げかけると相手の信頼度が増すこと、発注可能性の有無・タイミングをヒアリングをしておくことで次のステップにつなげやすくなること、それぞれの相手に合わせた資料を用いるとより伝わりやすいことなどを挙げ、次回以降それらを意識して商談に臨んでいただきました。

 

課題点の改善で受注率アップ、支援1年で1,560万円の売上

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

 

支援担当者:受注率がアップし、大手飲料メーカーからの受注が増えたこともあって、支援1年で1,560万円の売上を獲得できました。また、社長が積極的に取組みに参加してくださったことから、社内の営業活動全体に活気が生まれたと喜んでいただけました。