• case
  • 広告代理店向けテストアプローチで自社デザインの強みを見つけ、アポイント率3.8%・約1,170円の売上
  • 業種:デザイン制作

広告代理店向けテストアプローチで自社デザインの強みを見つけ、アポイント率3.8%・約1,170円の売上

  • 課 題
    これまで積極的な営業活動を行ってこなかったため、営業方法を一から構築したい
  • 施 策
    ターゲットを絞ってテスト的に電話営業を行い、効果の高い営業パターンを検証した

広告代理店向けテストアプローチで自社デザインの強みを見つけ、アポイント率3.8%・約1,170万円の売上

本格的な営業活動を開始するにあたり導入

広報部:デザイン制作を行う株式会社D様について教えてください。

 

支援担当者:社員が少ないこともあり、これまで営業活動をほとんど行っていませんでした。同業のお知り合いが電話営業によるアプローチで最近成果を上げているということを知り、自社も営業に本腰を入れたいとのことから、支援サービスを導入いただきました。

 

テストアプローチをしながら自社の強みを見つける

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:会社のどのような部分を強みにアプローチを行えば良いのかも定まっていない状態でした。そこでテスト的に一か月間、都内の広告代理店に向けて電話営業を行いました。アプローチを続ける中で、自社デザインのアピールポイントを含めた効果的なトーク内容や、話が進みやすいターゲットのタイプを検証し、営業の精度を上げていきました。

 

約3.8%の確率でアポイント獲得、2社受注で約1,170円の売上

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

 

支援担当者:1か月に475件の広告代理店に電話営業を行い、うち18件がアポイントにつながりました。そこから2件の受注があり、約1,170円の売上を獲得できています。受注の際に「作品のクオリティが他社と比べてかなり高い」という評価を複数得られたので、会社の自信にもつながったとのことです。