• case
  • 経営立て直し支援で1年に120件の新規商談を創出
  • 業種:紙加工品製造

経営立て直し支援で1年に120件の新規商談を創出

  • 課 題
    赤字経営が続いており、営業方法の見直しと改善が必要
  • 施 策
    アプローチ対象の精査やテストアプローチを行い、効果の高い営業パターンを検証した

経営立て直し支援で1年に120件の新規商談を創出

赤字経営脱却に向けた体制づくりのために導入

広報部:株式会社J様について教えてください。

 

支援担当者:紙箱や販促用品を制作している会社で、長い間赤字経営が続いていました。会社の存続が難しいというという状況に陥っていましたが、何かまだ対策が取れるのであれば試してみたいとのことで、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

 

アプローチ対象と営業方法の見直しで多くの商談機会を得る

広報部:そこで、どのような方法を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:アプローチ対象や営業方法を一から見直し、検証を重ねて効果的な営業パターンを構築していきました。すぐに大きな変化は見られませんでしたが、資料提供を行った会社から数か月後に問い合わせがあり、受注に結びつくケース増えました。また、大型の案件も得られるようになりました。

 

支援1年で120件の新規商談を創出し489万円の売上獲得

広報部:今回の支援でどのような成果が出ましたか?

 

支援担当者:1年で120件の新規商談を生み出すことができ、そこから順調に受注につながっています。支援開始後489万円ほどの売上があり、現在、黒字の一歩手前まで経営が回復できています。