• case
  • 得意分野で競合他社との違いをアピール、アポイント獲得率アップへ
  • 業種:コンテンツ制作

得意分野で競合他社との違いをアピール、アポイント獲得率アップへ

  • 課 題
    コンテンツ制作は競合が多いため、他社とは違ったアプローチで顧客の獲得を狙いたい
  • 施 策
    得意ジャンルである「パラパラ漫画ムービー」を前面に押し出したアプローチを行った

得意分野で競合他社との違いをアピール、アポイント獲得率アップへ

競合他社との差別化を図るために支援サービスを導入

広報部:コンテンツ制作を行う株式会社N様について教えてください。

 

支援担当者:動画を中心としたコンテンツ制作を手掛けています。競合がかなり多く、他社とは違ったアプローチで新規顧客を増やしていきたいとのことから、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

 

得意な「パラパラ漫画ムービー」でアプローチを仕掛ける

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:この会社は「パラパラ漫画ムービー」を得意としていたので、それを前面に押し出したアプローチに切り替えました。まずは競合他社のコーポレートサイトに掲載されている取引実績を参考に、ニーズがありそうな企業をリスト化しました。それらの企業に向けて、他社との違いを感じていただけるよう「パラパラ漫画ムービー」の特質やメリットを盛り込んだトークでアプローチを行いました。

 

アポイント取得率アップ、支援開始後まもなく受注獲得

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

 

支援担当者:他社との違いを上手く伝えることができ、またターゲッティングも的確だったことから、アポイント取得率が格段にアップしました。支援開始後まもなく9件のアポイント先に訪問したのですが、すでに1社からの受注が決まっています。