• case
  • 課題解決型・地域密着型トークでアポイント率2.2%・1,500万円の受注を獲得
  • 業種:システム開発

課題解決型・地域密着型トークでアポイント率2.2%・1,500万円の受注を獲得

  • 課 題
    商品の詳細やメリットを伝えるアプローチ行っていたが、アポイントを取得できていなかった
  • 施 策
    「業界が抱える課題をシステムの導入によって解決できる」という構成のトークでアプローチを行い、また会話に地域性を出して親近感を持っていただくことを意識した

課題解決型・地域密着型トークでアポイント率2.2%・1,500万円の受注を獲得

アポイント取得率アップのために支援サービスを導入

広報部:システム開発を行う株式会社Q様について教えてください。

 

支援担当者:岩手にある利益管理システムを開発・販売している会社です。東北の会社に向けて、支援前は自社製品の特徴やメリットを伝えるトークでアプローチを行っていました。ですがなかなか話を聞いていただけず、アポイントがまったく取れていませんでした。

 

「システム導入で課題を解決できる」というトークでアプローチ

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:アプローチ先の業界が抱える課題を調査し、「その問題を解決するシステムを提供できます」という切り口のトークに変更しました。するとアポイントに発展する件数が格段に増え、訪問後の反応も良く、多くの受注につながりました。トークの中で「岩手の会社」と伝え親近感を持っていただくことで、その後のやり取りがスムーズに進むケースもありました。

 

アポイント率2.2%、1,500万円の売上を獲得

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

 

支援担当者:まったく取れていなかったアポイントの取得率が2.2%まで改善され、現在訪問が済んでいる3件のうちすべてで受注が決まりました。1件の導入が約500万円の売上になりますので、支援開始後約1,500万円の売上を得ることができました。