• case14
  • 株式会社I
  • 業種:教育系・美容業界の人材紹介

営業トークの改善を図り10ヶ月で700万円売上増加

  • 課 題
    アポイントや資料送付の件数は得られていたが、受注にはつながっていなかった
  • 施 策
    業界の課題や話題をトークに盛り込んでアプローチし、訪問後は継続したフォローを行った

営業トークの改善を図り10ヶ月で700万円売上増加

アポイントや資料送付は獲得できていたが受注に至らず、
受注率向上のため導入

広報部:人材紹介会社である株式会社I社様について教えてください。

 

支援担当者:教育系・美容業界に特化した人材紹介を得意としている会社です。
以前から私立大学や専門学校にアプローチを行っており、アポイントや資料送付の許可は得られていたのですが、受注に至っていませんでした。効率よく受注できる仕組みを作りたいとのことで、弊社の営業支援サービスを導入頂きました。

 

営業トーク内に業界の課題などを盛り込み、訪問先のフォローを継続

広報部:支援期間中はどのような施策を行ったのか教えて下さい。

 

支援担当者:まずは営業トークを工夫しました。業界が抱える課題や、業界の“あるある話”を盛り込むことによって、業界関係者に興味と親近感を持っていただきやすいようにしました。また一度訪問して受注には至らなかった場合も、その後の継続したフォローによって、需要が発生したタイミングですぐにお問い合わせいただけるよう意識しました。

 

支援後700万円売上増加

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

 

支援担当者:10ヶ月で約700万円の売上増加につながりました。また営業が軌道に乗ったことから、現在新規事業として特定地域に特化した人材紹介サービスを立ち上げており、同じように業界の話題を取り入れたトークで電話営業を行っています。