• case
  • 株式会社D
  • 業種:ホームページ制作

ホームページ制作で毎年安定した受注、300万円の即決案件も

  • 課 題
    得意とする美容業界のみではなく、新たな業界からも受注を得たい
  • 施 策
    早めの挨拶回りや電話営業の強化で見込み客を増やし、その後継続的なフォローで受注につなげた

ホームページ制作で毎年安定した受注、300万円の即決案件も

新たな業界での新規顧客開拓のため導入

広報部:ホームページ制作を行っている株式会社D様について教えてください。

 

支援担当者:これまでは社長の出身である美容業界を中心に営業を行っていましたが、新たな業界に向けて新規開拓を始めたいとのことで、支援の機会をいただきました。

 

早めの挨拶回りと電話営業に注力

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

 

支援担当者:私立学校を主なアプローチ先として動いたのですが、私立学校が業者を選定するのは8月~9月頃に多いため、4月頃から積極的に挨拶回りを始めました。会社や担当者の顔を早い段階で知っていただき、定期的なフォローを行うことで、いつでもご依頼いただけるような環境作りを徹底しました。また電話担当者を会社の詳細や業界知識が豊富なスタッフにある程度固定することで、質問などに対してすぐに答えられるようにしました。

 

毎年安定した受注を確保、即決300万円の案件も

広報部:今回の施策でどのような成果が出たのでしょうか?

 

支援担当者:支援を開始させていただいて3年ほど経ちますが、毎年安定した受注を得られています。最近では過去に訪問した先へ電話でフォローアプローチを行ったところ、その場で300万円の受注が決まりました。