• case
  • リフォームの法人向け営業スタートを支援して早期受注に成功
  • 業種:リフォーム

リフォームの法人向け営業スタートを支援して早期受注に成功

  • 課 題
    個人向けに飛び込み営業を行っていたが、法人向けの営業にも着手したい
  • 施 策
    不動産会社向けのパートナーアプローチを軸に新規開拓を行った

リフォームの法人向け営業スタートを支援して早期受注に成功

▶法人営業開始に伴い支援サービスを導入

広報部:リフォーム事業を行うR株式会社様について教えてください。

                                         

支援担当者:町田市を中心に都内に複数の拠点を構える会社で、これまでは個人に特化した飛び込み営業を行っていました。法人営業を開始するにあたり、ノウハウを持ち合わせていないことなどから、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

                                         

▶不動産会社向けのパートナー提案を軸に営業

広報部:支援期間中はどのような施策を行ったのでしょうか?

                                         

支援担当者:不動産会社向けのパートナーアプローチを軸に営業活動を進め、他にも介護施設や幼稚園向けに、壁紙などに施す除菌加工の提案を行いました。どちらもコンスタントにアポイントが取れていますが、特に不動産会社への中古物件リフォーム提案から良い反応が得られています。

                                         

▶支援1か月で複数の見積もり依頼を獲得、1件受注へ

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

                                         

支援担当者:1か月で数社の不動産会社から見積もり依頼をいただき、1件受注につながっています。個人住宅リフォームを安定的に受注するためには、戸建物件を売買している不動産会社との提携が案件につながりやすいことが改めて確認できましたので、今後もこの方針でアプローチを続けていきたいと思います。